東和ジンギスカン構想

20年前の東和町では♪羊たちの群れ遊ぶ風景が見られた。
社団法人「日本緬羊協会」の調査報告書
平成11年度めん羊振興対策事業中山間地域等におけるめん羊飼養と利用及び振興等に
閑する調査報告書Ⅲ(平成12年3月)から引用します。

(5)福島県東和町(平成10年度調査)
福島市から南へ28km、宿場町として栄えたところで、起伏が多いわりに高い山はなく農林業と養蚕を中心に発展してきた。
しかし、最近は第一次産業の従事者が半減し、第二次、第三次産業の従事者が増えている。
【 ☜ 説明:第一次産業は農林水産業、第二次産業は鉱工業、建設業、第三次産業は商業、金融、運輸、情報通信、サービス業など】
耕地の34%は水田で畑は66%。畑の52%が桑園であったが、養蚕業の衰退とともに遊休化し、荒廃してきている。

東和町は、平成8年(1996年)東和町緬羊・山羊研究会を結成、飼育技術の研究、特産品作りに励んでいる。
 ☜ 福島県は、もともとめん羊の飼育が盛んな「めん羊王国」であった
東和町は、平成7年(1995年)から「めん羊振興対策事業」を導入、14戸の農家が数頭ずつめん羊を導入したが、平成10年(1998年)現在では、8戸の農家が雄7頭、雌43頭の飼育するにとどまっている。

遊休農地を活用した放牧管理が主で、10haの放牧地を造成「草地共同利用組合」で管理し、生産した子めん羊を同県の本宮市場へ出荷
地域活性化と同時に高齢者の生き甲斐対策として効果が上がっている。
平成10年度は羊毛加工機の整備計画を立て、近い将来、めん羊飼育農家50戸に増やし、飼育頭数200頭放牧地30haにする計画立てている。

☞ 以上の点から、20年前には本格的に羊の飼養計画が進められていたと考えられます
。それが順調に進めば、「松尾めん羊牧場」のような風景が広がっていたかもしれません。

松尾めん羊牧場 (matsuo-sheep-farm.jp)
同フェイスブック
2017年現在、国内のめん羊の飼養農家は918戸飼養頭数は17,821頭、福島県は飼養農家数12戸飼養頭数は213頭
公益社団法人 畜産技術協会:めん羊統計(都道府県別めん羊飼養の推移)
とはいえ、約170頭の羊を飼養する神戸市立「六甲山牧場」には年間約30万人が来訪し、牧羊犬ジャフ君シープドッグショーで観客を楽しませています。

説明 ☞ 牧羊犬とは?
次に針道九区資源を見てみましょう!

口太山の中腹の「夏無沼公園キャンプ場
手前に共同炊事場、その先に8名で泊まれるバンガロー3棟見えますね。

☟ バンガローの内部です

夏無沼自然公園の地図です。

中央に「夏無沼」、周辺は草地や森林です。
学生A君「放牧地や飼養技術だけで綿羊ビジネスが成立するほど甘くないでしょう」
教員「その通りですね。では先行事例を見てみましょうか?」
☞ 北海道厚真町山田忠男さんの牧場です。

山田さんは次のように語っています。
山田さん国際会議が行われるホテルディナー宗教上の問題から豚肉牛肉を提供できません。だから羊肉の需要が高い。その代わりに、ホテルと契約するには品質超一流しなくてはなりません

学生Bさん「育てた羊を食肉にするなんて私にはできません!」
教員「その点も山田さんの考え方に耳を傾けてみませんか?」

山田さん「間違いなく愛情がわきますね。私は1日に何回か羊を見に行って声を掛けています。おーい、まりあっち。元気かーと。

そうやってくらしていると、にもっともっと幸せになってほしいと思うんですよ。
健康であることは羊の幸せにつながるとも思うんですよ。やっぱり羊には幸せになってほしい。
羊は本来10年くらいの命があるんだから、1歳未満〜2歳で命をいただくのはとてもかわいそう。
だから自分のポリシーとして、10年幸せを、その1年に凝縮させたいと思っています

学生C君「羊を飼うのは難しそうですね」
教員「再び、山田さんの登場です」
山田さん 「私の管理方法は至ってシンプルです。1年中、羊の自由にする。小屋の扉は常に解放してあるので、羊たちは太陽が登る30分前から日没後30分まで外で、自由に草を食べます。雨が降れば、小屋に戻って寝ます。」

そうやって外にいる間は草を食べたり、寝たり、遊んだり、走ったりすると、適度な運動になるので良い肉質になるんです。あくまで羊の自由にさせたい。草だけでは太らないので、くず大豆を煮たものや米糠も与ます。そのままだと反すうできないので干し草にからませしっかりと

反すうさせることで健康な体を作ります。」

出典:あづまジンギスカン

スイスやイタリアの農家のように、規格外野菜などを飼料に利用し、良質の羊肉農家レストラン農家民宿経営につなげる飼育は、自然生態系共存するビジネスモデルといえるのではないでしょうか?
参考本綿羊協会『複合経営におけるめん羊生産と今後の課題等に関する調査報告書』1995年

私たちエコ・カフェ秡川が夢想する「東和ジンギスカン」モデルを以下に示します。

構想段階とはいえ♪ジンギスカンを名乗る以上、提供する飲食メニューが必要でしょう。

当面の目標は「札幌ビール園」 ガーデングリルグレインフェッドラム

 【説明】 ☞ グレインフェッドラムは、穀物で育てた食べやすい羊肉!
10年前累計来場者数3,000万人を達成した札幌ビール園も発足当初の1966、来園者1人、売上300円という日もあった ☟

新型コロナウイルス(COVID-19)第4波が懸念される現在、感染防止対策の下でテイクアウトデリバリーネット販売を導入、サッポロビール園は持続可能経営に取り組んでいます!


 ☜ 2021年4月9日 12:30現在

世界あり方を変えるCOVID-19の渦中の今なぜ東和ジンギスカン構想か?
 ☞ 起点はチキントラクター 私たちの鶏耕実証実験は、

①電気柵補助する獣害対策
②電気柵維持必要草刈作業軽減
③草からまれるグリーンフェッド・エッグ
【説明】 ☞ グリーンフェッドとは「草をエサにする」という意味です。
獣害防効果ヘルシー・エッグを生むはずだった鶏耕は意に反して、
①アニマルウェルフェア合致せず、
②餌やり移動大変だが、
③廃鶏産卵再開
  屑米(くずまい)や牡蠣殻(かきがら)を与えるという条件付き
という成果を残し、

最後に、
遊休地楽園に変えるジンギスカン構想というを生みました。☜ 自画自賛 m(_ _)m