季の子工房について

「災い転じて福となす」を信奉するわがエコ・カフェ秡川は、みずからが掲げるコンセプトを実践すべく、針道に隣接する太田にある「季の子工房」さんで宿泊体験を楽しんできました。

2005年に本格派のフレンチ系農家レストランとして開業した「季の子工房」は、東日本大震災後の被災者を受け入れるために農家民宿を併設したそうです。

その農家レストランと農家民宿の統合体に本業ともいえる「ナメコ栽培」を合わせると、「工房」の外形的イメージを想像することができます…ってそりゃ、ムリだよね。

というわけで、まず夕食に出た料理をアップしましょう。

これって何だろう。自慢じゃないが、私らフレンチなんて食べたことないから、カボチャのスープという以外の説明はできません。ですが、その美味しさは間違いなく保証します。とにかく美味しい!

それに、映画「世界が愛した料理人」で見たエネコ・アチャ(Eneko Atxa)のレストランのように、周囲を自然豊かな農村環境に囲まれた「季の子工房」はさしずめ、「エネコ・トォワ(東和 ☞ 永遠)」といったところでしょうか?   

おススメは何といってもナメコ・ピザ! 不格好さは自作ゆえのオリジナリティとご容赦ください。なお、正式な出来上がりは以下のサイトの動画でご覧いただけます。

季の子工房HP(&Facebook)

手作り体験させてもらったピザを食べることができるんですよ。これがまた絶品!

独自の工夫(企業秘密?)を加えて甘辛い味噌と2種類のチーズと採りたてのナメコの組み合わせは文字通り、ファンタ~スティック!です。

名前は忘れましたが、ニョッキのようなパスタの入ったやや濃いめの味付けの料理と羽山りんごのシードルとの相性はぴったりでした。

最後は、羽山りんごのスイーツが載ったクルミチップ入りのアイスクリームを堪能させていただきました。もしかしたら、ベン&ジェリーズのチョコレート・ブラウニーより美味しいかも。

本当にごちそうさまでした。<(_ _)>

食後は恒例のミーティングタ~イム、地元でよく飲まれている日本酒は?と尋ねて教えられた「千功成」(檜物酒造)の木桶風味を味わいながら、深夜までのディープな討論会となりました。

翌日、二日酔いの頭を覚醒させてくれたのは東方に位置する羽山と日山から登る鮮やかな朝焼けでした。晩秋も曙…

朝食のシャキシャキの食感があふれるぴちぴちナメコで元気も回復!

多忙な朝仕事の合間をかいくぐり、ナメコの栽培施設を見せていただきました。室温15~16℃に保たれた環境で食べられる大きさに育つまでに約3ケ月かかるそうです。

室温が低すぎては育たず、高すぎれば雑菌が繁殖する原因となる。ホントに繊細さを求められるお仕事だと思います。

オーナーシェフの洋平さんが自ら食材のナメコも栽培している。これってスゴいと思いませんか? ある意味で、エネコ・アチャを超えていますよね。

元気に生育中のナメコくんたちの雄姿です。

これは空調施設の一部ですかね? 説明を聞き漏らしてしまいました。

ナメコ栽培は日々変化する気象条件の中で緻密な温度管理が求められます。30年前にお父さんが導入した先進的な施設(技術体系)の象徴だった機器類もそろそろ更新の時期を迎えているそうです。

鎖のついた鉄骨は2階に上げるためのエレベータです。

力感あふれるむき出しの鉄筋構造と繊細な電子機器(温度センサーなど)との微妙なバランスが「なめこピザ」という大胆なレシピを生んだ原点では?というのはいささか読みすぎですかね。

これはオガ屑を詰めてナメコの培地となる容器です。

培地となるオガ屑は、林業の盛んな平田村の専門業者からトラックで搬入されます。

その後、有用菌が繁殖しやすいようにローダーで攪拌しながらこの地の環境に馴染ませ、菌床としての務めをはたせるコンディションを整えていく(培養能力の向上を図る)そうです。

役目を終えたオガ屑は、土壌を健康に保つための素材として活用(畑に還元)されます。

そのおかげで、健全な土壌の畑で栽培され、収穫された健康な野菜を食べさせていただいた私たちも自らの心身を健康にできました、というわけです。以下のHPもご覧ください。 ☞  (株)オズファーレ