チキン・トラクター

この画像にある木枠のような物体は、

いったい何でしょうか?

 

木枠の中にニワトリが見えますね。

実は、これはニワトリに除草してもらう

「チキン・トラクター」なのです。

その発端は水田畦畔の草刈り作業でした。

画像に見えている細い線(電線)は、

イノシシなどの害獣の侵入を防ぐ「電気柵」です。

電気柵は、こまめに除草しないと、

漏電して電圧が低下してしまいます。

おまけに、

降雨時や炎天下の除草作業はとても大変なんです。

 

手伝おうという気持ちはあっても、

不慣れな人の機械除草には危険がともないます。

「何かいい方法はないのか?」

そんな時に見つけたのがチキン・トラクター」のHPでした。

 

OM型(OMane?)チキントラクター

針道九区の斎藤区長さんの休耕田に受け入れていただき、

養鶏場をリタイアされたニワトリさま達にも入営いただき、

ようやく鶏耕実証実験」が始まりました。

ニワトリさんたちは、

毎日、元気に草を食べてくれます。

一面に雑草が繁っていた耕作放棄地も、

表土が見えるまでにきれいになりました。

しかし、

 

ユーザーの斎藤さんから、

「重くて大変なんだよねぇ」というクレームがあり、

移動しやすくする車輪に交換することになりました。

 

これが、製作者の村上君が車輪(タイヤ)を交換しているところです。

目測と主観では、

タイヤの直径は約2倍になり、

移動の負荷量は約4分の1にまで軽減されました。

ひとまず、タイヤ交換は無事に終了!

仙台への帰途、

お隣の川俣町で名物「シャモ丼」定食をいただきました。

チキントラクターをつくり、

ニワトリさんたちに助けてもらいながら、

食べることで共存する、

私たちの共生観の限界でしょうか?

それでも、おいしくいただきました。

ごちそうさまでした。合掌