エコカフェ秡川とは?

エコカフェ秡川大学生事業から誕生!
本事業はコロナ下でも継続中です。
大学生と集落の協働による地域活性化事業
私たちはあばれ山車の中にクリエイティブツーリズム(CT)の志向性を見出そうとしています。

 CT (creative tourism:創造への旅)は、倫理と実践による冒険旅行、その絆(creative tourism-network)から新たな世界が生まれつつあります。 出典

「あばれ山車」の動画です。
2018年激突には臨場感満載、TV局制作長尺版もあります。
台風19号が直撃後も「あばれ山車」は健在!
子供たちが参加できる後祭り(町廻り)
2019年、あばれ山車は行われました。

ですが、台風19号で道路も鉄道も寸断され、エコカフェ秡川は針道に行けませんでした。T_T

ここで、時間の流れを少し遡ってみましょう。
「禍福は糾える縄の如し」というepigram(警句)理解のため、古民具資料館で縄綯 (なわない) を体験させてもらいました。
☞ 専用機を使っても難しい「縄綯い」に「糾える縄」の意味の深さ実感! …それって先生だけじゃねぇ
地元の小学生たちは総合学習の時間に「縄綯い」の速さを競ってるらしい
 ☞ 後生畏るべし!
教員の不器用さに思わず苦笑する今井館長

夏越の祓が過ぎる頃、無病息災を祈る暑気払いが開催、関係人口(自称)の私たちも参加。
三保恵一氏 (二本松市長) も駆けつけ、現代版夏越の祓といえる暑気払いも盛会のうちに…

三保氏のFacebook ( 2019年8月4日 ) から転載
☜ 「大学生の力を活用した集落復興支援事業」、「大学生等による地域創生推進事業」(平成30年度~令和2年度)

獣害防御に設置された電気柵の電圧低下を防ぐ畦畔の除草中 ☜ youtubeで閲覧可!

ホンモノの関係人口になれることを夢見る

口太山集合写真 山開き(2019年5月12日)

事業報告会地域づくりオープンカフェ」☞ 近大プレゼン芸風圧巻!

重たい雰囲気の中、元気プレゼンで聴衆の心をワシづかみ! さすが関西人!

準市民制度山きぃや倶楽部」テーマは関係人口の創出! ☜ 山木屋は針道のお隣り

われわれも目標は高く、江戸エコライフ基本「藁綯い」の習熟に励もうぜぃ!

山開き参加後、地元食材で作った針道の特製豚汁を堪能! とてもおいしかったです。

激しくぶつかり合うあばれ山車 ☞ 仙台七夕とは異次元のactive festival感激

真夏の祭典「スポーツ大会」を観戦

チキントラクターの視察風景
鶏が遊ぶ60年代迄の風景が今では珍しい。だが、チキントラクターは単に昔を懐古し、鶏をペットとして飼うための道具ではない!

「密閉型ケージからの解放、🐓が鶏らしく生きる空間の再生」が、チキントラクターとひよこやチャンネルを創る藤田氏の願いかもしれない。

 それはWalden湖畔に暮らし、逃亡奴隷を助けたH.D.Thoreauの思想や行動に通じる。