ミツバチの科学?

ミツバチの科学?

「道の駅道の駅ふくしま東和」では蜂蜜を販売している。それ自体は珍しいことではない。

だが、道の駅ふくしま東和では趣味でミツバチを飼育する方を含む「日本蜜蜂養蜂倶楽部」が養蜂技術の向上・普及活動を展開している。

国内の大学に目を向ければ、玉川大学が1979年に「ミツバチ科学研究センター」を設置しており、宮城学院女子大生活科学研究所は2019年「ミツバチ科学研究部門」を新たに導入した。

宮城学院女子大学は「丸田沢緑地環境保全地域」に隣接している。「丸田沢溜池(堤)」は農業用水確保のため、江戸時代初期に造られた。画像は左から順に、宮学⇒丸田沢堤⇒三共堤

宮城学院女子大学は、ミツバチ科学研究部門の藤原先生を中心として「ミツバチと地域の自然とのつながりを実学的に学ぶための実践的教育」に取り組んでいる。( ☜【出典】藤原愛弓・山口喜久二・渡邉誠「ミツバチ科学とは~ミツバチをめぐる研究フィールドについて概説」)

藤原先生は「宮城学院女子大学における開花植物の季節的推移―大学構内におけるミツバチの蜜・花粉源植物の調査―」(生活環境科学研究所報告、第52号、2020年)という論文を書かれています。

季節ごとのルートセンサス調査(踏査)で132種の訪花可能植物を具体化した力作です。
蜜・花粉源植物の季節変動に着目し、生物多様性の重要性を明示している点に感銘しました。

その調査方法は、藤原先生の博士論文の一部を『保全生態学研究』に発表された「さとやま自然再生事業地におけるニホンミツバチの生態系サービス評価:花資源利用およびコロニーの発達」を読むとよくわかります。

 

在来種ニホンミツバチはどうすれば飼えるのか?
①巣箱作りと②分蜂群の入居という2工程が必要らしい。
ニホンミツバチを飼ってみよう! http://www.ohtashp.com/topics/bee/
☜ このサイトで、巣箱作り分蜂時期や方法など、飼い方がわかりやすく説明されています。

古代史のロマンあふれる針道で活動するエコカフェ秡川が気になるのは養蜂の歴史!
まず、ネット検索!

和歌山県古座川の伝統養蜂

☜【出典】ニホンミツバチ・養蜂文化ライブラリー

ここでは「ゴーラ」という巣箱を使う。
作り方や姿カタチが作り手によってかなり違う(笑)
☞ それって「伝統的技術」の本質?
材質は桜に杉、道具も手斧に糸鋸、チェンソーと多彩

動画製作者の真貝先生(総合地球環境学研究所)は、ミツバチに気を遣いながら、使いやすいように改良し、変わっていく」と総括しています。

日本養蜂協会の「日本の養蜂の歴史」には、「日本書紀」推古35年(627年)に「夏五月、有り、聚集れり、その凝り累なること十丈ばかり」とある「ハエ」が蜜蜂を指すと記されていますが… ^_^ゞ

「日本書紀」皇極2年(643年)、「百済の太子余豊、蜜蜂の房四枚をもって三輪山に放ち、養う」 と記され、それを日本養蜂の端緒とするのが通説だそうです。

当時、蜜蜂や蜂蜜が貢物にされる程の貴重品であったことは確かなようですね。

(蜜蜂の)「自然巣を採集しようと女性」(!?)が描かれた「スペインのアラニア洞窟の壁画」の年代はB.C.15,000年(~8,000年?)頃と推定されるそうです。☜【出典】世界の養蜂の歴史http://www.beekeeping.or.jp/beekeeping/history/world
☜【参考】山田養蜂場「世界最古の採蜜壁画